FANDOM


For the character, see Mikado Kurosaki.
For Mikado Kurosaki Player card from the Black Box Opening Campaign, see Mikado Kurosaki (Black Box).
Mikado Kurosaki
黒崎神門
P01-021 Sample
Kana
くろさきみかど
Rōmaji
Kurosaki Mikado
Icon Red Red
Player
Sets
Flavor

P01-001, P01-021

若くして才気溢れる青年は世界制覇を目指すアレキサンダーと邂逅することで、その頭脳を彼の軍師として振るうこととなる。その鋭く冷めた瞳の奥には、記憶すら再生する赤の世界のクローン技術により、失った妹を蘇らせたいという願いが秘められている。

E01-021

目的のためならどんなことも厭わない

P03-014

「貴様の大胆さには呆れ果てる」 「背中を預けられる相手がいるからな」 「……明日こそは頼むぞ」 アレキサンダーは横になると、すぐに寝息を立て始めた。 「大胆なのはおまえだろ。足元をすくうのは俺かもしれないというのに……」
~神門とアレキサンダーの絆~

B03-104

愚問だな、答えはNOだ

P05-015

「少しは頭を休ませたらどうだ。連戦続きの軍勢に骨休めさせると言い出したのは貴様だろう」 パラソルの下で戦術書のページを繰る神門へ、アレキサンダーは苦言を呈した。 「充分リラックスしてるさ。それとも、俺と競泳でもしたいのか?」「ふん、馬鹿を言え!」
~神門とアレキサンダー、夏の思い出~

P08-014

「神門、おい神門!聞いてるのか!?」 うららかな春の陽気に照らされ、うとうとしていた神門の意識は、春雷の如きアレキサンダーの大声で現実へ引き戻された。 「貴様か……」 「らしくないな、呆けおって」 「昔の夢を見ていたんだ。……それで、何用だ?」 「客人だ。自衛隊のな」 「分かった。出よう」
~神門の春眠~

B08-104

雷に 陽炎揺れる 春の日や

C08-001

グラスや陶器類が砕け、床に四散する音が響いてくる。要人ばかりが集う会場に緊張が走った。 「黒の世界の侵入者だと?」 「赤と白の同盟を祝したパーティーなど下らぬと思っていたが、いいぞ。なかなか面白い余興ではないか!」 「スパイか? それとも……」 「理由など問い質せば良い。余が黒幕を引きずり出してくれるわ!」
~神門の予感~

P08-029

どうだ、我らに力を貸す気はないか?

P09-009

「ははは! 似合わんな、神門よ!」 「茶化すな。俺がアレキサンダーの姿で敵陣背後へ迫り、混乱に陥った陣営を貴様が正面突破する。そう伝えただろう」 「策は理解している。だが、貴様自ら余の影武者を買って出る必要があるのか?」 「おまえのフリをしながら、ひと芝居打てる人材に心当たりがないのでな」 神門は気怠そうに首や腕を回した。 「……しかし、重くてかなわん。普段から足腰を鍛えておいて正解だった」
~神門とアレキサンダーの作戦会議~

P11-028

狷介孤高の天才軍師
Age 18 / Birth 4.1 / Height 177

P12-004

「いいか、アレキサンダー。右の屏風を左目で、左の屏風を右目で見るんだ」 「うぬ。難しいな」 「ならば間に指を立ててみろ」 「ええい、何も変わらんではないか! いやまて……む? お、おおお!? 見える! 見えるぞ! 虎が屏風を飛び出し、我が眼前にありありと! 神門、貴様、妖術使いか!!」 「妖術だと? 馬鹿馬鹿しい」
~神門とアレキサンダーの幻惑~

B12-104

戻って来い 俺の隣へ

P16-001

「遅かったな、アレキサンダー」 「黒の世界の獰猛な獣に絡まれてな。まったくもって迷惑千万!」 「晴れやかな顔でよく言う。不用意に手の内を明かすものじゃない」 相棒の脳筋ぶりに神門は呆れ返った。 「固いことを言うな。土産をふたつ持ち帰ってやったのだからな。見ろ」 投げつけられた写真を2本の指でキャッチし、神門が眉を動かす。 「ほう。こいつを黒の世界の奴らが、な」 写真には印象的な意匠が施された仮面。 「眉唾の情報とばかり思っていたが、俄然信憑性が増したじゃないか。あとひとつも聞かせてみろ」 続きを促されたアレキサンダーの表情が輝く。 「余も半信半疑なのだがな。聞いて驚け。神が現れた!!」 「そうか。良かったな」 土産話その2は聞き流された。
~神門の事情聴取~

P17-037

やはりな

P19-006

「赤、青、白、黒、緑……あらゆる未来が等しく滅びを迎える理由を知っているか?」 隔絶された空間で神が語りかける。しかし、春日の変貌を目の当たりにした神門の心、ここにあらず。神は構わず続けた。 「竜の巫女や一部の人間は、未来の分岐に立つ人間を《特異点》と呼ぶらしい。その言葉を借りるなら、特異点は竜の加護を受け、未来を創る者ではない。神の祝福を受け、未来を壊す者だ。愚かな竜どもは一向に気付かん!」 神が嗤う。人を逸脱した醜悪な顔が神門を見下ろした。 「黒崎神門、おまえは特異点の中でも特に強い影響力を持つ。宿命を受け入れ、神の駒となれ。いつもそうしてきたようにな!」 「……愚問だな」 宣告を受け、終始無言だった男がついに口を開く。 「答えはNOだ」
~神門と神~

B22-117

そうか 良かったな
Related Cards
Illust.
小林智美 · 萩谷薫 · CHAN×CO (P11-028)

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.